ホーム > 公益法人会計サービス紹介 > 定期報告書の作成指導

定期報告書の作成指導

サービスの概要

公益認定後は、毎事業年度末日から3ヶ月以内に行政(和歌山県)に対して定期報告書の提出が必要となります。定期報告書の主な趣旨は、会計の公益性への適合や、事業計画の進行状況の報告ですが、この申請書類は非常に多岐にわたりまた専門性を要求されますので、大変複雑になっております。

当事務所では、公益法人運営者様の定期報告書の作成を指導し、スムーズな年次報告をサポートいたします。

また、公益目的事業の内容や、収益事業等の内容の変更など公益認定の基準に変更がある場合には、速やかに変更認定もしくは変更届を提出しなければなりません。この変更認定についても公益認定を申請した際と同等の作業が必要となりますが、当事務所ではこの変更認定についてもサポートいたしております。

  • 事業報告等に関する提出書類の作成支援

サービスの流れ

1.お問い合わせ

まずはお問い合わせください。担当部署よりご連絡差し上げます。

2.ご契約

お見積り等契約条件をご提示。契約書締結後サービスを開始いたします。

3.定期報告書の作成指導

定期報告書の作成指導を行います。

対象者

  • 公益社団法人、公益財団法人
  • 一般社団法人、一般財団法人

対応エリア

和歌山県全域

内藤会計事務所

電話番号073-431-3100FAX番号:073-423-0508

和歌山で公益法人会計のことなら、経験豊かなスタッフがきめ細かな経営のアドバイスを行う内藤会計事務所へ。

お問い合わせフォームはこちら

所長ご挨拶

月刊レポート「メール会員募集中」

電子申請・納税 始めてみませんか?

相続財産シミュレーション 相続税の試算してみませんか?

TKC全国会

経営革新等支援機関

内藤会計事務所公式Facebookページ

ページの先頭へ